社会人なら押さえておきたいスパ
ホーム > > 動物は人間と話せる?

動物は人間と話せる?

テレビで、動物と人間は会話できるか?と言う実験を見ました。人間と遺伝子が97%同じチンパンジー(名前はニム)で行い、意志の疎通は手話で行います。生後間もなく人間の母親と暮らし、人間の子どものように服を着て、スプーンでご飯を食べて、手話の勉強を遊び感覚で教えます。4年間実施されましたが、母親が2度にわたり交代することでニムの精神状態の悪化を招き、最終的に母親の真似(手話)をしたらご褒美がもらえる、と学習したようで、ニムから自発的に会話することが無く、実験はあやふやに終了しました。
 その後、チンパンジーとして生活をしますが、人間の生活とのギャップに苦労します。そこで知り合ったボム(飼育員)と友達になり、深い信頼関係を築いていきます。そこで初めてニムは、ボムに自ら"遊ぼう"と手話で伝えます。手話の意味を理解していたのです。
 人間の親子も愛と信頼の基に成長があります。それと同じように動物に対しても、優劣付けず、愛を持って接することで、お互いが意思の疎通をしようとアクションを起こすのだと実感しました。
テレビを見ていたら動物園に行きたくなったのでカードローン会社からお金を借りるつもりです。
こちら(⇒カードローンの審査通るkt02|審査通過のポイントはこれ!)のサイトでさらに詳しく書かれています。