社会人なら押さえておきたいスパ
ホーム > マッサージ > リンパドレナージュの仕組み

リンパドレナージュの仕組み

たとえばやなあ、リンパ液ん中には、老廃モン、余分な水分やタンパクしち、有害モンしち、死んや細胞やらなんやらあります。

こんみたいなモンがたまることによって、むくみや、肌んくすみ、冷え、やるさ、不眠、疲労、目ん疲れやらなんやらを引き起こします。

どすから、リンパドレナージュによって、スイーと取り除いてあげることで、小顔にならはったり、ダイエット効果にならはったり、疲労回復にならはったりします。

 

そもそも、リンパん働きには、大きく分けますと、免疫と排泄、こん大事な2つん機能があります。 

免疫機能は、みなはんもご存知ん通り、細菌さかい体を守り、やまいを寄せ付けへんようにしはる機能どす。

リンパ節ちゅう部分は、全身におよそ600箇所あり、言うてみれば、「んろ過装置」としいやフィルターん役割をしいやいます。

こんろ過装置によって、老廃モンや細菌がリンパ液に乗って、全身に回れへんようにしいやいます。

どすから、そこに悪おいもさんんが溜まってしまうし、リンパん流れが滞っとるんならば、リンパドレナージュが必要となってます。

 

ほんで、リンパ球はいっぺん、かかったやまいやらなんやらを記憶しはる機能があり、病原菌がもっかい、入ってきたときに抗体によって体を守ってくれています。

たとえばやなあ、ウィルスに感染し、リンパ節が腫れへんとしゃべる症状がありますが、免疫システムが菌と戦って、生体防衛をしたはる証拠なんえ。

ほんで、排泄機能どすけど、栄養と酸素を動脈が体中に運んでおることはみなはんもご存知ですやろ。

ほんで、燃焼どした後、出来やはった老廃モンは、静脈が回収します。

ほんで、静脈に入りきれおへんどした老廃モンも中にはありましいや、それをリンパ管が回収し、リンパ液ん中で運びます。

癒しのリラクゼーション、リンパマッサージ・オイルマッサージ